タグ 裏話

映画『フォレスト・ガンプ』のネタ

主人公フォレストの一代記をアメリカの近代史と絡めて描き、トム・ハンクスに二年連続のアカデミー賞最優秀主演男優賞をもたらした、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』。映画にちなんだレストラン『ババ・ガンプ・シュリンプ』のチェーンは世界中で展開されています。

鳥の羽根でおなじみ映画『フォレスト・ガンプ』のネタ

(さらに…)




映画『マトリックス』のネタ

俳優たちの見事なカンフーアクションに加えて、ワイヤーアクションとCGを効果的に用い、エンターテイメントと哲学を融合させて大ヒットを記録したSF映画『マトリックス』。

大ヒットを記録したSF映画『マトリックス』のネタ

その『マトリックス』にまつわるネタです。

(さらに…)




英単語のネタ

盤の上でクロスワードパズルのように字を並べていくゲーム、「スクラブル」。もっともよく遊んでいるのは英語話者の人たちではなく、英語を学んでいるタイの人たちなのだそうです。

「スクラブル」は英語を学んでいるタイの人たちがよく遊ぶ

(さらに…)




オレオのネタ

世界中で愛されているお菓子の定番、オレオ。

世界中で愛されているお菓子の定番、オレオ

2枚のクッキーでクリームを挟んでいますが、食べ方のアレンジは人それぞれですね。

(さらに…)




追悼 デヴィッド・ボウイのネタ

囁かれていた重病説を跳ね除けるかのように、誕生日にニューアルバムを発表したばかりだったデヴィッド・ボウイ。その矢先の訃報に、世界中のファンがショックを受けています。

誕生日にニューアルバムを発表したばかりだったデヴィッド・ボウイ

大スターでありながらも常に挑戦を続けたアーティストでした。謹んでご冥福をお祈りします。

(さらに…)




ホーキング博士と宇宙旅行のネタ

リチャード・ブランソンのヴァージン・グループが始めた、宇宙旅行のためのベンチャー、ヴァージン・ギャラクティック。民間人への弾丸飛行による宇宙の旅を提供する目的で、日々開発が進められています。

宇宙旅行のためのベンチャー、ヴァージン・ギャラクティック

(さらに…)




追悼 ナタリー・コールのネタ

2015年の大晦日、グラミー賞受賞歌手のナタリー・コールさんが亡くなりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

グラミー賞受賞歌手のナタリー・コールさんが亡くなりました

年明け早々に悲しい知らせが世界を駆け巡りました。波乱に満ちたセレブの生涯を振り返ります。

(さらに…)




「蛍の光」のネタ

大晦日は一年の締めくくりですが、その年に活躍した歌手のみなさんのヒット曲のパレードで盛り上がる紅白歌合戦、トリの歌手の歌唱が終わって紅組白組の勝者が決まったあと、番組の終わりに歌唱されるのは「蛍の光」。

紅白歌合戦の終わりに歌唱される「蛍の光」

日本の一年の締めくくり、「蛍の光」のメロディは、元々はスコットランド民謡です。

(さらに…)




CIAエージェントの靴紐のネタ

スパイ映画さながらと言えるのが、現実の諜報部員たちの世界。かつて冷戦時代に、CIAのエージェント養成用に書かれたマニュアルがありました。ちょっとした工夫が、スパイにとってツールになります。

冷戦時代のCIAエージェント養成用のマニュアル

(さらに…)




ロバート・パトリックのネタ

映画『ターミネーター2』の映画史上に残る鮮烈な悪役「T-1000」役で知られる、俳優のロバート・パトリック。数々の映画などへの出演の他、巨額の税金の滞納がニュースでも報じられるなど、有名なセレブです。

「T-1000」役で知られる俳優のロバート・パトリック

彼の、日本では意外に知られていないエピソード。

(さらに…)




アフリカのネタ

ホモ・サピエンス発祥の地、アフリカにはいくつの国があるかご存じですか? 答えは「54カ国」です。

ホモ・サピエンス発祥の地、アフリカ

(さらに…)




被害者をお見舞いしたバットマンのネタ

2012年7月20日、アメリカのコロラド州オーロラで、映画『バットマン』シリーズ最新作『ダークナイト ライジング』を上映中の映画館で男が銃を乱射し、12人が死亡、50人以上が負傷するという痛ましい事件が起きました。

全世界が注目していた映画に絡んで起きた悲劇だけに、衝撃も大きく、あらためて銃社会の深刻さが浮き彫りになっています。

映画の主役ブルース・ウェイン/バットマン役を演じる俳優のクリスチャン・ベールが、映画会社とは関係なくみずからの意思でオーロラの惨劇の現場と被害者たちのもとを訪れています。

クリスチャン・ベールがオーロラの惨劇の現場と被害者たちのもとを
ソース:twitter.com@jeremyjojola
病院を訪れたクリスチャン・ベール

(さらに…)




映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のカウントダウン時計のネタ

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ第2作で、主人公マーティはドク・ブラウンとともに、西暦1985年の「現在」から、西暦2015年の「未来」へ向かいます。

これは、第1作のエンディングの冗談が本当に映画化されてしまったもので、デロリアンは空を飛ぶエアカー仕様に改造されていました。

アメリカ カウントダウン バック・トゥ・ザ・フューチャー 映画 時計 海外

(さらに…)




映画『スパイダーマン』シリーズのネタ

映画史上に残る破格の興行成績を記録した前3作のシリーズから一転して、キャストとスタッフを入れ替えた最新作『アメイジング・スパイダーマン』が公開。『スパイダーマン』シリーズのネタです。

アメリカ アート スパイダーマン アメイジング・スパイダーマン 映画 海外 ネタ

(さらに…)




7月4日の花火のネタ

アメリカ合衆国の独立記念日は7月4日。毎年、全米各所で花火が打ち上げられますが、実は独立記念日が祝日に制定される前から、花火の打ち上げはおこなわれていたそうです。

花火 アメリカ 独立記念日 7月4日 ネタ

(さらに…)