タグ 映画

映画『フォレスト・ガンプ』のネタ

主人公フォレストの一代記をアメリカの近代史と絡めて描き、トム・ハンクスに二年連続のアカデミー賞最優秀主演男優賞をもたらした、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』。映画にちなんだレストラン『ババ・ガンプ・シュリンプ』のチェーンは世界中で展開されています。

鳥の羽根でおなじみ映画『フォレスト・ガンプ』のネタ

(さらに…)




映画『マトリックス』のネタ

俳優たちの見事なカンフーアクションに加えて、ワイヤーアクションとCGを効果的に用い、エンターテイメントと哲学を融合させて大ヒットを記録したSF映画『マトリックス』。

大ヒットを記録したSF映画『マトリックス』のネタ

その『マトリックス』にまつわるネタです。

(さらに…)




【追悼 アラン・リックマン】(再掲)ハリー・ポッター、原作と映画の違いのネタ

【『ハリー・ポッター』シリーズのスネイプ役でおなじみ、俳優のアラン・リックマンさんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。】

そういえば、ハリー・ポッターが最初に映画化された時、ダニエル・ラドクリフは原作のハリー・ポッターとはちょっとイメージが違うなあ、と思っていました。

ダニエル・ラドクリフは原作のハリー・ポッターとはちょっとイメージが違う ネタ

(さらに…)




追悼 デヴィッド・ボウイのネタ

囁かれていた重病説を跳ね除けるかのように、誕生日にニューアルバムを発表したばかりだったデヴィッド・ボウイ。その矢先の訃報に、世界中のファンがショックを受けています。

誕生日にニューアルバムを発表したばかりだったデヴィッド・ボウイ

大スターでありながらも常に挑戦を続けたアーティストでした。謹んでご冥福をお祈りします。

(さらに…)




ロバート・パトリックのネタ

映画『ターミネーター2』の映画史上に残る鮮烈な悪役「T-1000」役で知られる、俳優のロバート・パトリック。数々の映画などへの出演の他、巨額の税金の滞納がニュースでも報じられるなど、有名なセレブです。

「T-1000」役で知られる俳優のロバート・パトリック

彼の、日本では意外に知られていないエピソード。

(さらに…)




本当に組み立てられたウォーリーのネタ

ウォーリー(WALL-E)といえば、ピクサーとディズニーによって制作された2008年の映画に登場するロボットです。

そのウォーリーを、本当に作ってしまった人が現れました。

ウォーリーを本当に作ってしまった
ソース:laughingsquid.com


(さらに…)




被害者をお見舞いしたバットマンのネタ

2012年7月20日、アメリカのコロラド州オーロラで、映画『バットマン』シリーズ最新作『ダークナイト ライジング』を上映中の映画館で男が銃を乱射し、12人が死亡、50人以上が負傷するという痛ましい事件が起きました。

全世界が注目していた映画に絡んで起きた悲劇だけに、衝撃も大きく、あらためて銃社会の深刻さが浮き彫りになっています。

映画の主役ブルース・ウェイン/バットマン役を演じる俳優のクリスチャン・ベールが、映画会社とは関係なくみずからの意思でオーロラの惨劇の現場と被害者たちのもとを訪れています。

クリスチャン・ベールがオーロラの惨劇の現場と被害者たちのもとを
ソース:twitter.com@jeremyjojola
病院を訪れたクリスチャン・ベール

(さらに…)




映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のカウントダウン時計のネタ

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ第2作で、主人公マーティはドク・ブラウンとともに、西暦1985年の「現在」から、西暦2015年の「未来」へ向かいます。

これは、第1作のエンディングの冗談が本当に映画化されてしまったもので、デロリアンは空を飛ぶエアカー仕様に改造されていました。

アメリカ カウントダウン バック・トゥ・ザ・フューチャー 映画 時計 海外

(さらに…)




欧米の人気映画をオリエンタル風絵画にするとこうなる、というネタ

中世から近代にかけて繁栄を誇ったオスマン帝国は、文化の薫り高い多民族国家としてその名を馳せました。

イスラムの伝統様式を継承したオリエンタル美術が華を咲かせ、数多くの文化遺産を残しています。

海外 アート おもしろ 絵画 映画 時計じかけのオレンジ エイリアン グッドフェローズ インセプション キル・ビル パルプ・フィクション スカーフェイス ターミネーター2 ゴッドファーザー シャイニング スター・ウォーズ オスマン帝国 オリエンタル美術 ネタ

ムラート・パルタさんは、大学での美術研究の一環として、卒業論文を執筆するにあたり、このオリエンタル美術を、20世紀以降の文化の象徴ともいえる映画と融合させる試みをおこないました。

近世のオリエント文化と、現代の西洋文化が織り成す美のケミストリーをご堪能ください。


(さらに…)




映画『スパイダーマン』シリーズのネタ

映画史上に残る破格の興行成績を記録した前3作のシリーズから一転して、キャストとスタッフを入れ替えた最新作『アメイジング・スパイダーマン』が公開。『スパイダーマン』シリーズのネタです。

アメリカ アート スパイダーマン アメイジング・スパイダーマン 映画 海外 ネタ

(さらに…)




映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のネタ

VHSソフトリリース時に冗談で “To be continued” とエンディングに挿入したら、続編に関する問い合わせが殺到し、本当に続編(パート2およびパート3)をつくることになってしまった、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のネタです。

バック・トゥ・ザ・フューチャー ネタ

(さらに…)