火星のネタ


探査機の重さゆえに、これまででもっとも危険なミッションと言われた、火星探査機キュリオシティの着陸が成功したようです。キュリオシティの目的はずばり、生命探査。太古から人類を惹きつけてきた赤い星のネタです。

キュリオシティの目的は生命探査 太古から人類を惹きつけてきた火星




・3月は英語で “March” 、これは火星の英語名 “Mars” に由来する。

・大昔の人々の多くが、火星の赤い色は血に由来すると考えていた。

・実際のところ火星の赤い色は酸化鉄に由来する。つまり、赤錆である。

・大気が薄すぎるために水は液体では存在できないと考えられている。水蒸気か氷の形態でないと、火星表面では存在できない。

・火星にはオゾン層がないため、太陽からの放射線を常に浴び続けている。

・火星ではおそらく太陽系で最大の砂嵐が吹き荒れる。火星が太陽にもっとも近い時によく発生し、時速125マイル(時速約200キロメートル)の砂嵐が何週間にもわたって火星全体に吹き荒れる。

・火星へ向けて送られた惑星探査機のうち、計画通りに成功したものは実に3分の1しかない。火星版バミューダトライアングルといったところである。

・1976年にバイキング1号が火星に「人面岩」を発見した。人工的な構造物かも知れないと考える人たちが多かったが、のちにマーズ・グローバル・サーベイヤーの観測で、人の顔に見えるのは錯覚であるとされた。

・火星のマリネリス渓谷は太陽系で最大の渓谷である。長さ2500マイルでアメリカ本土とほぼ同じ。

・火星の表面積は、地球表面の3割にあたる陸地の面積とほぼ同じ。質量は地球の10分の1ほど。

・何枚もの動くプレートから構成される地球の地殻と違って、地質学的に死んでいるとされる火星の地殻は「1枚で」できている。

・火星の自転速度は24時間37分と地球に似ており、さらに環境は大きく異なるとはいえ、地球同様に四季がある。ただし火星は地球より外側の軌道を回っているため、各季節の長さはおよそ地球の二倍。

・火星最大のクレーターはヘラス盆地と呼ばれ、地球のカリブ海ほどの大きさがある。およそ400万年前に小惑星の衝突によって形成されたと考えられている。

・火星の冬のあいだ、約20%の大気が「凍る」。

・火星の衛星フォボスは、火星の自転よりも速いスピードで火星のまわりを回っているため、火星から見ると、一日に二度、西から昇って東へ沈むように見える。

・フォボスはあまりに火星に近く、しかも段々と火星に接近しており、おそらく5000万年後に火星と衝突するか、または衝突する前に破壊されて土星のような輪を形成すると考えられている。

・現在の火星には磁場がないが、かつては地球同様に磁場が存在した。

・火星の引力は地球と比較すると37.5%。地球で体重50キログラムの人は火星では19キログラムに満たず、地球上より三倍高くジャンプすることができる。

・火星のオリンポス山も太陽系最大の山で、エベレストの三倍の高さがある。

・火星表面はかつて液体の水が流れていたことを示している。ある学説では、昔の火星は今より暖かく、水が液体で存在することができ、川や海があったと唱えている。大半が火星の大気圏から宇宙空間へと飛散してしまい、一部は氷として火星の地層に眠っていると考えられている。

・火星表面に初めて到達した人工物は旧ソ連の1971年の探査機マーズ2号だが、着陸の際に壊れてしまった。

・火星から来た隕石(火星表面に小惑星などが衝突して、その際に破片が飛び散って、火星の脱出速度を越えて宇宙に飛び出し、長い時間をかけて地球へ落下したもの)が12個確認されている。そのうちのひとつ、Allan Hills 84001 は1600万年前に火星から飛び出し、1万3000年前に南極に落下したと考えられている。この隕石には微生物の化石にも見えるものが発見されて議論を巻き起こした。

・火星の南極にある極冠、つまり氷のかたまりが、もしすべて融けたら、火星全体を水で覆うだろうと考えられている。

・よく知られた火星人像の歴史。まず1877年にイタリアの天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリが火星を観測した際に、「溝 “canali” のようなもの」が見えたと主張。彼が見たのは火星の砂嵐でできた模様だと現在では考えられているが、これが英語では「運河 “canals”」とされ、そこから運河を建設した火星人が想像された。

・これを元にして火星人の地球侵略を描いたのが、イギリスのH.G.ウェルズの1898年の小説「宇宙戦争」。1938年に名優オーソン・ウェルズがラジオドラマ化した際、あまりのリアルさに本当に火星人が攻めてきたと聴衆がパニックに陥った。


ソース randomhistory.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓