熱中症を予防する方法


夏は熱中症に罹る危険が増します。なんといっても、熱中症に罹らないための注意点は、暑くて湿った場所をできるだけ避ける、涼しいところで休憩する、そして水分を補給することです。

夏は熱中症に罹る危険が増します



・ガーデニングなど屋外での作業は、なるべく朝の早いうちか、夕方以降の涼しい時間帯にする。

・どうしても屋外にいる必要がある場合は、かならず水分補給を忘れずに。

 ポイントとしては、一時間あたりコップ2〜4杯の水分を摂ること。

 水分だけでなく、汗をかくことで失われる塩分とミネラルの補給も怠らないこと。スポーツドリンクが適している。

 カフェイン入りの飲み物やアルコール類はかえって脱水症状を引き起こすので避けること。また、糖分の多い飲み物も水分の吸収効率が悪いので避ける。

 冷たすぎる飲み物も避ける。胃が熱痙攣を引き起こす恐れがあるので。

・屋内にいる時にはエアコンで温度調節を。

 エアコンがない場合には、次の対策を考える。まず、扇風機を当座のかわりに使って、適度に涼しい温度のシャワーや水風呂を浴びること。

 または数時間ほど、エアコンの効いたモールやデパートなど公共の場所で過ごすこと。ふたたび暑い場所に戻っても、しばらくは体が適度に冷やされた状態を保つことができる。

・涼しい格好のコツとしては、薄くてルーズで風通しのよい、明るい色の服装を選ぶこと。黒や暗い色は太陽光を吸収してしまうのでなるべく避ける。


ソース:How to Treat Heat Stroke

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓