霜焼けに対処する方法


寒い季節になると霜焼けの心配があります。できることなら、霜焼けにならないように気をつけたいものです。痒いですから。

霜焼けにならないように気をつけたい



霜焼けの予防

  • 全身の血行を良くしておく
 意外な予防法としては、寒くてもなるべく軽く体を動かすことで血行を良くして、霜焼けが生じるのを防ぐ、というものがあります。手足だけでなく全身を暖めるのがポイント。

  • 靴下はコットンか、せめてウール製のものを
 素材に空気が入る余地があって保温性のあるものを。

靴下はコットンか、せめてウール製のものを

  • 入浴などのあとは、足をよく乾かす
 水気が残ることで低温を引き起こします。

  • 靴は快適でよくフィットするものを
 足に冷気を侵入させないためにも大切です。

霜焼けが出来たら

  • 絶対に、掻かない
 どんなに痒くても我慢。早めに軟膏を塗り、そのあと手なら手袋をする、足なら靴下を履いて保温を。

手なら手袋をする

ソース:Chilblains

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓