南極もヤバイ…南極のネタ


暑い季節になると、どこか涼しいところへ行きたい。それでは、いっそのこと、極端に南極まで出掛けてみますか?

南極 海外 科学 自然 隕石 寒さ 氷山 氷




・言うまでもなく南極は地球で一番寒いところ。これまでに観測された最低気温は、ロシアのボストーク基地で1983年に観測された、氷点下89.6度。

南極 海外 科学 自然 隕石 寒さ 氷山 氷

・大陸移動によって南極大陸が氷で覆われ始めたのはおよそ2000万年前からとみられている。気の遠くなるような長い年月のあいだに、たくさんの氷が蓄積されてきた。

 その氷の量、実に2900万立方キロメートルに及ぶ。これは地球全体の氷の量の90%にあたり、また世界の淡水の実に6割から7割にあたる。

・そしてその南極の氷がすべて溶けてしまった場合、地球の海水面は60〜65メートル(200〜210フィート)上昇する。世界の海沿いにある大都市はほとんど水没。

・南極大陸の上に積もった氷はその重さで地球の地殻を押し下げている。かりに氷がすべて溶けてなくなれば、重みがなくなった大陸は500メートルほど隆起する。ただし、そこまで隆起するにしてもおよそ1万年はかかる。

 実際、スコットランドとスカンジナビア半島は最終氷期が終わって以来、年に0.5メートルの割合で隆起を続けている。

・南半球で冬が始まると、南極では海の水が凍り始める。その凍結のスピードは、一日あたり実に10万平方キロメートル。そして真冬になるとその氷の面積は2000万平方キロメートルとなり、南極の面積は夏の二倍になる。

 この、南極の氷の面積の増加量は、アメリカ合衆国の1.5倍、オーストラリア大陸の2倍、イギリス連合王国の面積の実に50倍に相当する。しかも、南極が夏になるとその増加分は溶けてしまう。

南極 海外 科学 自然 隕石 寒さ 氷山 氷

・南極は地球で最も寒いだけでなく、最も乾燥した土地でもある。寒くて乾燥しているという環境が火星に似ているということで、アメリカNASAのバイキング火星探査計画のテストも南極でおこなわれた。

・南極は、条約によって国家による占有が認められていないだけでなく、実効支配している国もない。定住者はもちろんいない。アフリカから世界へ広がったヒトが、唯一定住しなかった大陸である。

 科学調査などで南極の夏の時期に滞在する人は5000人ほど。冬の期間は1000人ほどまで落ち込む。

また、南極には時間帯が設定されておらず、各国の科学者は自分の国の時間帯か、もしくは補給拠点となっている場所の時間帯を使って生活している。

・南極で多くの隕石が見つかっているが、実際、南極は隕石が見つけやすい場所である。たいてい暗い色をした隕石が、南極の雪や氷の白い色とコントラストをなすので見つけやすい。

 またいったん氷に閉ざされた隕石は、それによって保存状態がよくなる上に、氷が氷河として流れるに従って集まりやすくなった状態で露出する。1970年代以来、1万個以上の隕石が南極で見つかっている。

・南極海に棲息する魚は500万年にわたって、水温がプラス2度からマイナス2度の環境で生活してきた。海水に含まれる塩分のため、南極海の海水は凍らずにマイナス2度まで下がる。南極海の魚たちは、生物の歴史上、もっとも寒い環境で生きていることになる。

南極海に棲息する生物の多くが、「不凍液」の性質がある血液を持っている。

近年、南極上空にできたオゾンホールの影響で、南極海の魚たちの遺伝子が紫外線によってダメージを受けていることがわかってきている。

・ペンギンやアザラシのように海に依存した生物を除き、南極の陸上生物で最も巨大なものは昆虫で、それも最大のもので体長1.3センチメートルに満たない。ノミのように跳ねる昆虫がかろうじているものの、空を飛ぶ昆虫はいない。

 また、南極は地球の大陸で唯一、アリが棲息していない。

・南極海のオキアミのネタ、その一。1981年にアメリカの科学者たちがオキアミの大群を探知した。その推定量、実に1000万トン。人間の平均体重を70キログラムとして、これは1億4300万人分に相当する。これはイギリスとドイツの総人口を足した場合より多い。

・南極海のオキアミのネタ、その二。オキアミを餌とするクジラは、半年のあいだ毎日オキアミを食べ、残る半年は何も食べずに過ごす。食べる時には、一日あたり3600キログラムものオキアミを食べる。

 かりに、オキアミをヒトの食料とするならば、一日にクジラが食べるオキアミは、一人あたり4年分の食料となる。

・再び、陸に目を向けてみよう。南極点に降り積もった雪は、いずれ氷河となって、10万年もの歳月をかけて南極の海岸に到達し、氷山となる。

南極 海外 科学 自然 隕石 寒さ 氷山 氷

・西暦2000年に観測された氷山は、観測史上最大のものだった。ロス氷床から分裂したその氷山は、長さ295キロメートル、幅37キロメートル。海面上の面積は1万1000平方キロメートルという巨大なものであったが、氷山なので当然、海面下の大きさはその10倍にも達していた。

 この大きさはガンビア、カタール、バハマ諸島のそれぞれの国土、およびアメリカのコネチカット州に相当する。

どうです? 少しは涼しくなりましたか?


ソース1 mentalfloss.com ソース2 coolantarctica.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓