追悼グレン・フライ イーグルスのネタ


デヴィッド・ボウイの突然の訃報に続き、アメリカの人気バンド、イーグルスのメンバーであるグレン・フライさんもお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

イーグルスのメンバーであるグレン・フライもお亡くなりに



・「ホテル・カリフォルニア」の大ヒットで知られるイーグルス、曲がヒットした時点でメンバーにカリフォルニア州出身者はいなかった。グレン・フライはミシガン州デトロイト出身、ドン・ヘンリーはテキサス出身、バーニー・レドンはミネソタ州ミネアポリス出身、ランディ・マイズナーはネブラスカ出身。
 オークランド生まれでサクラメント育ち、カリフォルニア州出身のティモシー・B・シュミットがバンドに加入したのは「ホテル・カリフォルニア」のあと。

・その「ホテル・カリフォルニア」のあとにスランプに陥ったイーグルスのメンバーたち、次のアルバム『ロング・ラン』リリースまでに3年の時間だけでなく、80万ドルも費やすことになる。

・イーグルス結成前、マネージャーが同一人物だった縁で、グレン・フライは同じデトロイト出身の歌手ボブ・シーガーの「Ramblin’ Gamblin’ Man」でバックコーラスを務めた。
 のちにデトロイト出身同士の偉大なミュージシャンとなったふたり。イーグルスの全米第1位のヒット曲「ハートエイク・トゥナイト」でのコラボが実現している。

・グレン・フライがジャクソン・ブラウンと曲を書き、イーグルスのデビュー曲にして大ヒットとなった「テイク・イット・イージー」。
 のちにカントリーの大物歌手トラヴィス・トリットがカバーする際に、プロモーションビデオでオリジナルを歌うイーグルスのメンバーたちにゲスト出演してもらった。これがイーグルスの劇的な再結成のきっかけになる。

・グレン・フライとの名コンビでイーグルスの黄金時代を築いたドン・ヘンリー。
 彼が生まれて初めて手にした最初のドラムセットは、彼が家の洗濯槽にかんしゃく玉のチェリー・ボムを仕掛けたいたずらに対する、母親からの「ご褒美」だった。彼の家はそれを機に新しい洗濯機も買ったという。

・ドン・フェルダーは若き日のトム・ペティにギターを教えたことがある。また、バーニー・レドンの弟は、ハートブレイカーズ結成前のトム・ペティとバンド、マッドクラッチを組んでいた。ちなみに、そのレドンの弟の名前もトム。

・アメリカ大統領選に立候補しようとしたというエピソードを持つジョー・ウォルシュ。一時、アルコールに溺れていた彼にとって、イーグルス再結成は新しいキャリアをもたらすのみならず、彼の人生も救ったと語っている。

・ベスト盤としてはビートルズの『1』をも上回る売り上げを記録し、マイケル・ジャクソンの『スリラー』に次いで史上二番目の売り上げとも言われる、イーグルスの『グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』。
 次の『ホテル・カリフォルニア』制作中にレコード会社が発売を企画したものだが、これを聞いたメンバーたちは最初怒ったという。

・音楽誌ローリング・ストーンの編集スタッフたちと1978年にソフトボールの試合をしたイーグルスの面々は15対8のスコアで勝利。負けたらローリング・ストーン誌のインタビューを受けるという条件だったが、結局勝った彼らは表紙を飾っている。
 この試合、観客席でジョニ・ミッチェルもイーグルスの応援、というよりローリング・ストーン側が負けるべく応援していた。ローリング・ストーン側は5つものエラーを記録したという。


ソース:20 things You Probably Didn’t Know About the Eagles


グレン・フライが全米チャート第2位を記録した、エディ・マーフィ主演映画『ビバリーヒルズ・コップ』の主題歌、「ザ・ヒート・イズ・オン」




永遠の名曲……イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓