追悼 デヴィッド・ボウイのネタ


囁かれていた重病説を跳ね除けるかのように、誕生日にニューアルバムを発表したばかりだったデヴィッド・ボウイ。その矢先の訃報に、世界中のファンがショックを受けています。

誕生日にニューアルバムを発表したばかりだったデヴィッド・ボウイ

大スターでありながらも常に挑戦を続けたアーティストでした。謹んでご冥福をお祈りします。



・映画俳優としても活躍した彼のもとにはオファーも絶えなかった。007シリーズ映画『美しき獲物たち』でクリストファー・ウォーケンが演じた悪役、ゾーリン役の依頼もあったが、当時の007の悪役に魅力を感じなかったデヴィッド・ボウイは脚本に難色を示して辞退している。

・スピルバーグ監督のピーター・パン映画『フック』でダスティン・ホフマンが演じたフック船長役のオファーも断っている。

・モンキーズのデヴィー・ジョーンズと本名が同じデヴィッド・ジョーンズだった彼は、「デヴィッド・ボウイ」の芸名に落ち着くまで何度も名前を変えることになる。

・世界で初めて、ネット配信限定の新曲をリリースしたメジャーなアーティスト。

「デヴィッド・ボウイ」の芸名に落ち着くまで何度も名前を変える

・再婚の際に、新郎の付き添い役を務めたのは、息子で映画監督のダンカン・ジョーンズだった。彼は親権を得た父親のもとで育っている。

・ヴォーカリストで希有なパフォーマーである一方で、サックスやギターなど14種類の楽器演奏もできた。

・名声を確立する前の音楽活動の初期に、シャンソンの曲「Comme d’habitude」を聞いたデヴィッド・ボウイは、その曲の英語の歌詞を書いている。結局、残念ながらレコーディングには至らなかった。
 同じ曲を聴いたポール・アンカはインスピレーションを得て版権を買い、メロディの一部を変えて英語の歌詞を書き、当時人気が落ち着いて低迷していたフランク・シナトラの元へ持って行く。これがシナトラの代表的なヒット「マイ・ウェイ」となる。

・影響を受けた歌手であるエルヴィス・プレスリーとは誕生日が同じ1月8日。同じくロックの殿堂入りを果たしている人物では、ドアーズのギタリスト、ロビー・クリーガーと、有名なプロモーターのビル・グレアムがともに1月8日生まれ。

ソース:David Bowie Trivia

・デヴィッド・ボウイにちなんだ “Heteropoda davidbowie” という蜘蛛がいる。


クイーンとの夢のデュエットが実現した「Under Pressure」。亡きフレディ・マーキュリーの代わりにアニー・レノックスを迎えての豪華なステージです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓