月から見た「地球の出」のネタ


宇宙から見れば、地球はひとつ。

 地球はひとつ

有人月着陸を目指して開発が進められたアポロ計画。アポロ8号の船内で、1968年の12月24日、クリスマスイブの日に撮影された、月の地平線から昇った地球の姿です。



宇宙から眺めた地球の姿の画像は、私たちの「ふるさとの星」に新しい認識を与えました。
宇宙に浮かぶ青いオアシスを捉える画像は、技術の進歩にともなって、ますます鮮明になってきています。21世紀になると、日本の探査機「かぐや」によるハイビジョンの「地球の出」が評判になりました。

NASAの月探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」による、地球の出の画像が話題になっています。

 「ルナ・リコネサンス・オービター」による地球の出

ソース:Unbelievable NASA photo shows Earth rising above the moon


こちらは、1990年、太陽系から離れつつあった惑星探査機ボイジャー1号が振り返って撮影した、地球の姿。

 惑星探査機ボイジャー1号が撮影した地球

太陽の散乱反射のなかに写る地球の姿は、本当にちっぽけです。


国際宇宙ステーションから撮影された、地球のオーロラ。

 国際宇宙ステーションから撮影された地球のオーロラ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓