第5回 体重を減らすための様々なコツ


たとえばつまみ食いするにしても、よりヘルシーな手段があります。

ダイエット 食事 つまみ食い 体重




・テレビを見ながらのつまみ食いがやめられないのなら、編み物を編む、マニキュアなどネイルケアをするといった、手を使うことをする。1990年の研究。

・特に最初のふた口ほどは、ゆっくり味わうようにする。なぜなら、最初のふた口ほどが一番おいしく感じられるから。この習慣を身につけると、間食を自然と抑えるようになる。2007年の研究。

・外出する時に、リンゴやバナナ、オレンジ、それに全粒穀物のクラッカーなどをバッグへ入れておくと、いつもローカロリーのスナックを持ち歩いていることになる。1982年の研究。

・何かを無性につまみ食いしたいという欲求は20分ほど持続する。この時間、うまく自分をごまかすことができれば、欲求に打ち勝つことができる。1974年の研究。

・あるいは、つまみ食いしたい欲求が起こった時に、歯を磨くか口を洗口液でゆすぐ。口がさっぱりした感覚は食欲を抑える。1989年。

・たとえばキャラメルポップコーンを食べたくなったとしたら、目を閉じて、それを30粒ほど食べるのを想像する。味や歯ごたえを想像してから食べると、通常よりも食べる量が少なく済む可能性が出てくる。2011年の研究。

・どうせつまみ食いするならば、最上のものを食べる。チョコレートが食べたくなったら、高品質のチョコレートを少しだけ食べる。1989年の研究。

・どうせ何かをつまみ食いしたくなったら、より健康なものを食べる。ジャガイモが食べたくなったら、ポテトチップスではなく揚げていないジャガイモを食べる。2003年の研究。


ソース womansday.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓