スキーリゾートでウィンタースポーツ以外を楽しむコツ


スキーやスノボを楽しむことだけが、スキー場の楽しみ方なのでしょうか?

ビッグネームの国内スキーリゾート



有名なスキーリゾートを訪れながらも、ウィンタースポーツ以外を楽しむコツを、ビッグネームの国内スキーリゾートを例に考えてみます、

冗談も交えつつ

などと、冗談も交えつつ。


・志賀高原スキー場(長野)を攻略する
巨大なゲレンデを誇るダントツ人気のスキーリゾート。バブル映画『私をスキーに連れてって』のロケ地としても有名。夏はトレッキング、秋は紅葉と、楽しみ方もオールシーズン。

そんな志賀高原で冬でもおすすめのスポットが、二カ所の展望レストラン。
一カ所は「山の食堂『1959』」。JR長野駅から直通バスで1時間半か、冬道をマイカーで。支那中華蕎麦が名物。
もう一カ所は「東館山展望台レストラン」。ここまでたどりつけるアクセス方法は、東館山ゴンドラリフトのみ。でも北アルプス連峰の壮大な眺めを堪能できます。

北アルプス連峰の壮大な眺めを堪能

これが冬ともなると……。ちなみに、東館山展望台レストランの名物はチキントマトソースランチ。これなら夏山でも冬山でも楽しめます。


・苗場スキー場(新潟)と山形蔵王温泉スキー場(山形)でゆっくりする
苗場は冬はスキーのメッカとしても有名な一方、夏にはフジ・ロック・フェスティバルで盛り上がります。ちなみに苗場プリンスホテルへは、品川プリンスホテルやJR池袋駅東口などから、冬場限定でバスが直通。
冬の苗場で押さえておきたいのは、なんと言っても温泉。

冬の苗場で温泉
素材提供:http://www.s-hoshino.com/

冬の温泉で雪見なんて、最高の贅沢じゃないですか。「三国峠温泉 御宿 本陣  天然の露天風呂」がおすすめ。一日一往復(一泊前提)の無料送迎バスの他に、越後湯沢駅東口の1番乗り場から、浅貝、苗場プリンス行きで片道640円です。

山形の蔵王温泉も、当然ながら、温泉常設のホテルが多数。山形新幹線でJR山形駅まで、そのあと蔵王温泉までは、路線の山交バスで30分ほど。 


・ニセコ グランヒラフ(北海道)の盲点を突く
空路だと新千歳空港まで。そこから倶知安までバスが利用できます。倶知安市街と各スキー場を結ぶシャトルバスもあります。
しかしながら、北海道のこの辺りにある有名な観光地、羊蹄山と言えば、周囲には支笏洞爺国立公園。

ニセコの周囲に羊蹄山と支笏洞爺国立公園

昭和新山から地獄谷から、そしてもちろん、温泉郷。
ちなみに、今や国際的にもリゾート地として知られているため、倶知安はコンドミニアムの建設ラッシュだとか。
そんなおしゃれなニセコなら、宿泊も楽しみましょう。ホテルでなく、コテージタイプのペンションとか。「ペンション プルーミン」がおすすめです、なぜならペット同伴で泊まれるから。
 
「ペンション プルーミン」はペット同伴可

・ノルン水上スキー場(群馬)でどうしてもウィンタースポーツ?
同じ群馬には草津国際スキー場があり、そこもまた屈指の温泉郷で……。どうしても行きたいなら、

公共交通機関もアリですがマイカーでのアクセスも

と、公共交通機関もアリですが、首都圏でマイカーによるアクセスもおすすめです。ちなみに、ノルン水上スキー場のリゾートなら日帰りプランも多数。


・安比高原スキー場(岩手など北東北三県)を存分に
JR東北新幹線で首都圏からダイレクトにアクセス可能、スキーヤーに人気の雪質。でも安比は八幡平の温泉郷群にも属しています。
「安比グランドアネックス」なら、泊まったり豪華な浴場に漬かったりするだけでなく、アクセサリー作りを体験して遊んだり、さらには、安比高原牧場のミルクを使ったアイスやケーキも味わえたりするんです。

安比高原牧場のミルクを使ったアイスクリームを

滑るだけが、冬のリゾートじゃないですよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓