第4回 体重を減らすための様々なコツ


外食ではついつい余分なカロリーを摂取してしまいがちです。

ダイエット 体重 食事 コツ




・最近ではネットでメニューのカロリーを公開しているレストランもあるので、実際に出掛けるまえにカロリーの少ないメニューをあらかじめ選んでおくのも良い。2007年の研究。

・サイズがピッタリの服装に、ちょっとだけきつめのベルトで外食に出掛けると、脳に「おなかがいっぱい」の信号が送られる。1987年の研究。

・もしあらかじめ食べ物のカロリーがわかっていれば、ビュッフェや立食パーティでは皿の四分の一だけカロリーの高いものを取り、残りをカロリーの低いものにする。2010年の研究。

・レストランによってはテーブルにあらかじめパンを入れたバスケットが置かれている。席に着いたらあらかじめこのバスケットをよけておく。1969年の研究。

・グループで外食に出掛けたら、他の仲間より先に注文するように心がける。他の人の影響を受けにくくする。2009年の研究。

・えり好みをしよう。家族で外食に出掛けた場合は、他のどこでも食べられるようなメニューは避けて、そのお店でしか食べられないものを注文する。これだけでも余計なカロリーを取らずに満足した食事ができる。2009年の研究。

・なるべくシンプルなメニューを注文する。シンプルなメニューは脂肪分を増やしがちのソースが使われていないことがある。1989年の研究。

・ウェイターさんを、余分なカロリーを削ってくれるアシスタントと考える。コップ一杯の水を頼んで、野菜を増やしたりデンプンを含むメニューを省いてもらう。1982年の研究。

・パーティに出掛ける前に軽食を取っておく。空腹は食べ過ぎにつながってしまう。1998年の研究。

・レストランでは、常にそばにドレッシングやソースを置いてもらう。1987年の研究。

・持ち帰りができるところでは半分だけ食べて残りを詰めてもらう。また、二人で食事する場合にボリュームの多いメニューを二人で分けることも提案してみる。2003年の研究。


ソース womansday.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓