疲れをとるためのコツ


疲れとは、何らかの体調不良の兆候です。
疲れに対処することは、病気を未然に防ぐことでもあります。

疲れに対処すれば病気を未然に防げる



・炭水化物

炭水化物を補充すること。簡単に言えば、甘いものの摂取が手っ取り早くなります。
メタボを気にして甘いものを控えているというかたもいるでしょう。一日の全体量を控えめにした上で、一日のはじまりにシンプルな炭水化物の食事をとるか、もしくはタンパク質や食物繊維が豊富な食事をとること。
タンパク質は体に元気を与え、食物繊維は体から毒素を取り除く働きをします。

朝にプロテインのミルクシェイクを

おすすめなのが、特に朝食を抜いてるというかたは、朝にふつうの食事をとる代わりに、プロテインのミルクシェイクをとることです。

・ビタミン

栄養ドリンクを飲むよりも、ビタミンを摂取するほうがおすすめ。手間が省けるビタミン剤でもいいのですが、食事に野菜だけでなく果物を取り込むという方法もあります。たとえば、副菜としてリンゴまるごと一個とか。

副菜としてリンゴまるごと一個

ビタミン剤で補うならば、ビタミンB群がおすすめ。ビタミンBの不足は疲れやすさにつながります。

・睡眠

八時間以上の睡眠時間が理想

疲れている時こそ睡眠は大切ですが、なかなか思うようには眠れないもの。休息のためには、本来なら八時間以上の睡眠時間が理想です。

とにかく、疲れている時は早く就寝すること。そのためのコツとして、パソコンやスマホは気になったとしても閉じましょう。
寝る前にダラダラとテレビを見るくらいなら、テレビを消して本を読みましょう。単に眠気を誘うという意味だけでなく、読書には気を鎮めて心地よい眠りにつながる効果があります。

・軽い運動

逆説的ですが、軽く運動してみるのも、疲れの緩和になります。ちょっとした散歩や、軽い柔軟体操などです。ヨガを試してみるのもいいでしょう。心地よい眠りにもつながります。

心地よい眠りにもつながります

・水分補給

水分が足りないと、体は疲れやすくなります。一日を通して適度な水分をとること。特に、喉の渇きを感じたら、すぐに水分を補います。
炭酸よりは、たとえばレモンの果汁を加えた水がおすすめ。

炭酸よりはレモンの果汁を加えた水がおすすめ

ソース:How to fight fatigue

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓