昼寝のコツ


睡眠不足で疲れ気味……。そんな時、昼寝をする時間的余裕があるなら、昼寝をしましょう。賢い昼寝のコツです。

昼寝をしましょう



・昼寝をするのに理想的な時間帯は昼食後、午後2時から4時のあいだ。

・昼寝のあいだは邪魔が入らないように、携帯はオフにしておく。

・理想的な昼寝時間は30分。30分後にアラームが鳴るようにセットしておく。

・昼寝から起きたあとに不安定な気持ちになることがある。その場合には、立ち上がる前、昼寝後に座ったまま5分ほどリラックスする。

・昼寝からすっきり目覚めるためには、顔に水をかける、コップ一杯の水を飲む、外に出てしばらく新鮮な空気を吸うなどする。

・眠たい気持ちが起こらない時には無理に昼寝をしないこと。

・30分より越えて昼寝をしないこと。寝過ぎは場合によって頭痛や気分の悪さを引き起こすので注意。

・BGMとしてソフトな音楽を流すのもよい。

・昼寝を習慣としたい場合には、一日の予定にあらかじめ昼寝の時間を組み込んでおく。

・コーヒーなどカフェインを含む飲み物を昼寝の前に飲まないこと。眠るのが難しくなるだけでなく、昼寝後に起きるのも難しくなる。

・室温を快適な温度に保つように注意。暑すぎず、寒すぎないようにすること。

・昼寝する部屋の空気をきれいな状態にしておく。

・灯りがないほうが眠りやすいという場合は、なるべく部屋を暗くし、可能ならアイマスクを着ける。

・昼寝に入る前には無駄なことは考えず、何か楽しいことを心に思い描く。

・仮眠をとることを悪いことだと考えないようにする。適切な昼寝は心と体を健康な状態に保つ。


ソース manageyourlifenow.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓