ホワイトハウスのネタ


フランスには、ホワイトハウスを模した、「ホワイトハウスの双子」とも言うべき “Château de Rastignac” があります。

ホワイトハウス ネタ




・ホワイトハウスの建設には、当時の奴隷だった身分と自由の身分を合わせて、多数のアフリカ系アメリカ人が参加している。

・また、国内の建築家の力だけでは足りず、ヨーロッパの建築家たちも建設に関わっている。

・合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンはホワイトハウスに住んだことがない。

・南北戦争後の時代まで、ホワイトハウスはアメリカ国内で最も大きな「家」だった。

・1812年の米英戦争の際には首都ワシントンD.C.が攻撃を受け、ホワイトハウスも被害を被って一時、大統領が別邸へ移り住んだ。

・1929年には火災に遭っている。

・車椅子に乗った大統領であるフランクリン・ルーズベルトが入居することによって、邸内はバリアフリーとなった。


ホワイトハウス ネタ

・次代のトルーマン大統領の頃には老朽化が目立つようになっていたので、大改修がおこなわれた。

・ホワイトハウスが文字通り白くなったのは、米英戦争のあと。それまでは灰色だった。ホワイトハウス全体を白く塗るには570ガロン(およそ2160リットル)の白ペンキが必要である。

ホワイトハウス ネタ

ソース architecture.about.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓