二日酔いを覚ますコツ


British Medical Journal に掲載された研究によると、悪酔いにつながりやすいアルコール類として、ブランデー、赤ワイン、ラム、ウイスキー、白ワイン、ジン、ウォッカが挙げられるそうです。

悪酔いを避けるための準備段階



悪酔いを避けるための準備段階としては、まず、空腹の状態で飲まないことが挙げられます。お酒を飲む前に何かを食べておく余裕がない場合は、牛乳を飲んでおくことがおすすめです。また、食べるにしてもドライフルーツやナッツ類は避けましょう。

飲む前には以下の点にも注意します。

・異なる種類のアルコールを混ぜて飲まないこと

・安いアルコールよりは高級酒を選ぶこと

それでも飲み過ぎてしまって二日酔いになったら、次のことを試しましょう。

・とにかく、寝る

・大量の水を飲む

二日酔いから回復するための最善策としては、とにかく寝て体を休めることと、大量の水を飲んで、アルコールが引き起こす渇きに対処することが挙げられます。

朝起きて、二日酔いの症状を覚えたら、まずは水をたくさん飲んで、そして横になりましょう。このプロセスを何度か繰り返すのが有効です。

・新鮮な果物や野菜を摂る

頭痛がする場合には薬で対処します。それ以外にも、水分のほかに失われたビタミンとミネラルを補うために、マルチビタミン剤を飲むか、可能であれば果物や野菜を摂ります。

とりわけ、ビタミンBに富むトマトジュースやオレンジがおすすめです。

・軽い運動をする

10分ほど歩くなどの軽い運動をするとより早く回復する場合があります。また、汗をかくことで、アルコールによってもたらされた悪い成分を体から取り除くことができます。

もちろん、この場合にもたくさんの水を飲んで、水分不足を補いましょう。

・食事を工夫する

脂分の多い食事はかえって二日酔いを悪化させます。逆に、食物繊維や炭水化物は効果的です。普段の食事より少なめの量を、規則正しく食べましょう。

ここでもトマトはおすすめです。また、エネルギーの吸収効率の良い食べ物は早い回復につながります。トマトソースのスパゲッティや、ハチミツを塗ったパンが好ましいです。

・コーヒーやエナジードリンクを避け、紅茶を飲む

コーヒーなどでカフェインを摂ることは、脱水症状に対していい効果を与えません。飲むならば、一、二杯程度の紅茶にレモンを添えて飲みます。ただし紅茶も飲み過ぎないようにしましょう。

・吐き気やむかつきには、リンゴとバナナ

リンゴやバナナを、それもジュースにして飲むのがおすすめです。ビタミンを摂取することが肝心です。

・新鮮な空気を吸う

・熱いお風呂に入る

酸素を吸うことで脳によい刺激が与えられます。また、アルコールによる毒素を抜くためにはお風呂に入るのが効果的です。もちろん、湯上がりには水分補給を忘れずに。


ソース:How to get rid of hangover quickly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

↓よろしければコメントを残してください↓
↓Facebookアカウントでもコメントできます↓